仕事

やりたい仕事がない転職・それなりに自分に向いてる仕事の見つけ方

ぽち
ぽち
あ~ぁ、転職したいなぁ

 

まさ
まさ
わたしは、過去3回転職した経験があります。

 

現在日本では、2人に1人が転職をする時代ですが、本当に心からやってみたい仕事ってありますか?

 

わたしは、ありませんでした。

 

過去形なのは、現在は自分のやりたいことを、それなりに見つけられたから。

 

ぽち
ぽち
それなりって、どういうこと?

 

こんな統計があります。

働いてる人の99%は、自分の本当にやりたい仕事なんてわからずに働いているというのです。

 

そして、心からやりたい仕事や、夢などを持っている人は全体の1%しかいないと。

 

大人になったら何になりたい?

こんな質問されても、子供の頃だったら即答できませんでしたか?

 

99%の人は、最初から夢や希望を持っていなかったのではありません。

 

大人になるにつれて、自分のなりたいものや、やりたかった事を見失ってしまったというのです。

 

そして99%の人は、なんとなくやりたいことを見つけて、それなりに仕事をしている人といわれてます。

 

 

ぽち
ぽち

確かに本当にやりたい仕事があるヤツなんて、自分の周りにいないな。

 

 

まさ
まさ
それが普通なんだよね。本当に夢を持って生きてる人なんてごくわずか。

 

でもさ!

 

まさ
まさ
それなりのやりたい仕事でも、その探し方をしっておいたほうが、転職もうまくいくし生活も豊かになると思うんだ!

 

本記事は、北野唯我著書・転職の思考法からのレビューも含んでおります。

累計15万部も売れてるベストセラー!

転職考えてるけど、どんな仕事がむいているのか?そもそも転職したほうがいいのか?

そんな悩みを抱えた人に、ピッタリな内容になってます。

 

転職したい理由なんて何でも良い!ストレスを感じない仕事をみつけるためなのだから

飲食店勤務のわたしが転職したかった理由は、たった1つ。

拘束時間が長いから。

 

1日14時間以上勤務は当たり前だったから、ただただ嫌だった。

 

こんなことでも、立派な転職理由だと思っています。

必ずしも今より、ステップアップする事だけが転職ではない。

 

 

RPGにあてはめるとその仕事が向いてるかどうか判断できる

自分のやりたい仕事って、どうやって知ったらいいんだろ?

そもそも見つかるの?

 

はい、見つけ方あります。

 

RPGに例えてみましょう。

ゲームをやったことがある人ならわかると思いますが、RPGって雑魚とボスの戦闘の繰り返しですよね?

 

レベルの低いうちは雑魚と戦って、そのうち強くなったらボスと戦う。

そしてまた雑魚と戦ってレベルを上げて、もっともっとつよいボスと戦う。

 

自分の強さと、敵キャラの強さが同じくらいだから面白いんですよね

 

反面、自分のレベルが高くなりすぎてしまったら、雑魚やボスとの戦闘なんてすぐにあきてしまいませんか?

 

その逆もしかり。

敵のレベルが高すぎて絶対に勝てない相手だと知ったら、一気につまらなくなりますよね?

 

なんだかこれって、会社から決められた日々の予算(ノルマ)にあてはまるかなと。

予算が高すぎると、これ絶対いかないと思って途端にやる気でなくなるし。

予算低ければ、楽だけどやりがいは減るという。

 

 

昨日まで飲食店で働いてたのに、転職して弁護士になりたい!

なんていうのもあんまり現実味がないですよね?

 

まったく勉強なんてしたことないのに、司法試験の勉強(レベル上げLV99まで)をしなければ試験に(ボスキャラ)に受からないとしたら・・・

 

本気で弁護士になりたいっていう夢があるんだったら、頑張るんだろうけど。

今の仕事が嫌なだけで転職をしたいというなら、弁護士になれるまで途方もなく先が長いし、途中で挫折しそう。

 

しかし試験も何もなくだれでも簡単にできる仕事だったら、それはそれで途中でその仕事にあきてしまうと思います。

 

ポイント

探し方のコツは、自分の今のレベルにあった仕事を選ぶのが1番良いということ。

未経験の職種でも自分の経験や知識が、なにかしら活かせるもの。

 

 

やりたいことがないなら普段の仕事の中で見つける

転職の思考法を読み、仕事の見つけ方で1番参考になったものは以下の2つ。

  • 相手に褒められたことがあるもの
  • 普段の仕事の中でまったくストレスに感じないもの

 

相手に褒められたことがあるもの

前職では、自分で商品のPOPを製作してました。

その時アルバイトから、店長のつくったPOPって本社から送られてくるものよりカラフルで見やすい!

と、よく言われてました。

お世辞も入ってたのでしょうけど、わたしは満更でもなく、がんばって作ったものが褒められるっていいもんだな~って思ったりしてました。

 

字を書くのが上手い、笑顔が素敵など人から褒められるということは、そのことに関しては他の人よりも少なからず優れているってことです。

 

ポイント

褒められた事柄は絶対に大切!

なんとも思ってなかった、自分の才能に気づくことができるから。

 

 

普段の仕事のなかでまったくストレスに感じないもの

セールイベントの告知は、主にフェイスブックやブログなどを活用してました。

 

とにかく忙しい仕事の合間を使って、記事を更新するのですがストレスとは感じませんでしたね。

 

やっとその日の仕事が終わってヘトヘトで帰宅した後でも、風呂に入りながら記事の内容を考えるのが面白くて仕方なかったのです。

 

どうしたらこのイベントきてくれるかな~?とか、プライベートな時間に考えててもストレスに感じないんですよね。

 

原価計算とか予算作成なんかは大嫌いでしたけどね(笑)

 

この経験があって、副業でブログ始めたんです。

どうやったら読者に記事を読んでもらえるかな?って考えるのが楽しかったので。

 

休みの日は、ほぼブログ書いてます。

1日中、だいたい10時間くらいPCの前に座ってますが、苦にならないんです。

ほんと、ブログで生活できたら最高なのにな~って今では思います。

 

ポイント

拘束時間が長くて辞めたいのなら、時間だけじゃなく仕事の内容もストレスなんです。

好きなことなら、労働時間が長いっていうのは、さほど苦になりませんからね。

 

 

おわりに

仕事をしている人の99%は、なんとなく今の仕事をしている人ですが、満足感を得られる方法があります。

それは、その状態を楽しむこと。

普段の仕事の中でも好きな仕事をしているとき。
尊敬できる上司と一緒に仕事をしているとき。
など人によって様々。

 

やりたい仕事がわからない。

けれど、今の仕事は辞めて別な仕事に就きたい。

 

  • 褒められたことがあるもの
  • 普段の仕事でストレスに感じなかったこと

 

この2つにポイントを絞れば、天職に巡り会うことができるかもしれませんよ?

【おすすめ退職代行サービスNEXT】


「もう会社に行きたくない」「でも辞めるといったら、上司に怒られそうだ・・・」そんな悩みは【退職代行NEXT】が解決してくれます。退職届を会社に郵送するだけで、後はすべてお任せ。未払いの残業代の請求・未取得の有給処理・退職金の請求etc・・・以上のような交渉は、弁護士がいないとできません。その点NEXTなら、弁護士サポートもあるので安心です。

退職代行NEXT公式サイトはコチラ