仕事

シゴトライ・うつを卒業!ストレスに強くなる!研修で学べるスキル

ぽち
ぽち
シゴトライで学べるスキルはどんなもの?
研修の内容は?

 

まさ
まさ
こんな疑問にお答えします!

 

まずはじめに、シゴトライってなに?っていう人の為に。

精神障害のある人の一般企業への就職をサポートするところが、就労移行支援サービスです。

 

そしてシゴトライは、うつ病専門の就労移行支援サービスとなっています。

場所は、東京・秋葉原と大阪・梅田の2カ所。

 

シゴトライに入所すると、大きく2つの研修を受けることになります。

  • コミュニケーションスキル研修
  • オフィスワークスキル研修

 

今回ご紹介するのは、仕事をする上でもっとも重要となる、コミュニケーションスキル研修です。

 

仲間と行うコミュニケーションスキル研修



新しい職場で働くことによる、1番不安なことってなんですか?

そう聞くとほとんどの方が、人間関係と答えるのではないでしょうか。

まさ
まさ
うつ病とか関係なく、新しい環境で働くことは不安でいっぱい

求人票には給料や福利厚生などの待遇面は、詳しく書かれていますので働く前に知ることができます。

ぽち
ぽち
中にはトンデモないブラック地雷あるけどね

 

しかし、新しい職場にどんな人がいて、どんな性格の人がいるかまではわかりません。

もしかしたら、沢山仕事を押しつけてくる上司がいるかもしれない。

ちょっとしたミスでも、クドクドねちっこい嫌みを言う人がいるかもしれない。

実際に働いてみるまでは、職場の中まではわからないのです。

そして人間関係は、どこに行ったってついて回ります。

 

もっとも恐ろしいのは、せっかく一般企業へ就職が決まったのに、またうつ症状になってしまうことではないでしょうか?

 

そうならないように、コミュニケーションスキルを高め、ストレス耐性を身につけることがこの研修の目的になっています。

 

公式サイトはコチラ↓

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】


定着率90%以上のわけ

コミュニケーションスキル研修の内容の1つに、ジョハリの窓を使ったものがあります。

ジョハリの窓とは、4~10人ほどのグループでおこないます。

  • 自分も他人も知っている自己
  • 自分は気がついてないが、他人は知っている自己
  • 自分は知っているが、他人は気づいてない自己
  • 誰からもまだ知られていない自己

以上のことをグループ内で、それぞれ書いてもらうことで、自分が他人にどう見られているかを知ることができます。

また、自分について考えたときほど、どういうわけか良いところではなく悪いところばかり目についてしまいます。

しかしジョハリの窓によって、自分の気づいてない良い面を知ることができるので、前向きな気持ちに繋げることができるのです。

 

同じうつ症状をもつ仲間と一緒

シゴトライで出会う仲間なら、きっと仲良くなれるはずです。

なぜなら一般企業へ就職するという、同じ目的を持っているから。

就職活動という不安な状況の中でも、孤独感にさいなまれる心配はかなり減るはず。

 

うつ病同士は上手くいかない?

こんな記事を見たことがあります。

うつ症状の人が、同じうつ症状で苦しむ人の敵になる。

 

これは以前、ネットで見かけた記事。

 

同じうつ症状で苦しんでいるのに、自分のほうが不幸なんだ!と、不幸自慢でマウントをとってくる。

 

さらに、うつ症状の人がうつ症状のある人に向かって、

こうすれば良いよ。

この治療法のほうが効くね。

なんてカウンセラーでも何でも無いのに、言ってくる。

 

うつ症状の人が、同じうつ症状の人に追い詰められるというのです

 

そして、表に出てこないだけでかなりの人が苦しんでいるという事実。

これらは、うつ病同士の交流会での出来事です。

同じ悩みを持つもの同士なのだから、仲良くなれるのでは?

必ずしもそうではありません。

 

心理学的に、うつ病同士は引き合わせない方が良いとされています。

なぜなら例えばですけど、自殺願望がある人ばかりを集めたらどうなるか?

想像できるからです。

 

ぽち
ぽち
だったらシゴトライもヤバイのでは?

心配する気持ちもわかります。

大丈夫です。

シゴトライなら、その心配はいりません。

理由はこちら

  • 全員が一般企業へ就職するという目標がある。
  • さらに入所してくる人は、きちんと医師の意見書をもらい、第三者視点で就労できる状態にあると判断されている。

※意見書は診断書よりも、就労に関してのハードルが高く設定されているので、うつ症状がよくなっている状態である

安心して研修にのぞむことができます。

 

ストレス耐性が身につく

仕事でストレスを感じるときはどんなときか?

さまざまな要因がありますが、多くは自分のキャパ以上の仕事をふられたときではないでしょうか?

通常業務に加えて、アレもやっといて、コレもやっといてなんて頼まれた・・・

キツいけど断れない。

頼みやすいと思われたら、どんどん仕事が増える一方。

そうして手に負えなくなってきたときに・・・

 

自分はダメな人間なのでは?

 

徐々に、自己嫌悪に陥り

 

 

仕事辞めたい

 

 

せっかく就職したのに、こんな風に思ってしまったら元も子もありません。

そして、うつ症状が悪化してしまったら大変です。

 

ストレス耐性を身につける=我慢をすることではありません。

自分がどれだけの仕事量に耐えられるか?

もし、自分のキャパを超えてしまいそうな仕事量だったら、断れるようにする事。

 

シゴトライではきちんと断れることが、ストレス耐性を身につけるという意味で学んでいきます。

 

仕事量が多くて断る=自分のキャパを知っているから

まさ
まさ
ただそれだけのこと!

 

ポイント

シゴトライに入所してくるうつ症状の人は、就職という共通の目標のある人。

よって、うつ病同士の煩わしい人間関係は極めて少ない。

仕事の量がストレスに感じるようなら、断れるように学べる。

 

 

公式サイトはコチラ↓

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

 

おわりに

シゴトライのコミュニケーションスキル研修は、如何にして仕事を辞めたいと思わないようにしていくか?

そこに重点を置いている研修内容と感じます。

知らなかった自分の良いところを知ることができるし、他人からどう思われているかも知ることができる。

1人で就職活動していたら、気づけないことも沢山あるでしょう。

 

うつ症状で一般企業への就職を希望しているなら、就職支援サービスのシゴトライを選べばきっと心強い味方になってくれます。



公式サイトはコチラ↓

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

 

参考にさせて頂いた本がこちら

作者の、うつトンネルを脱出できたきっかけが、書かれています。

マンガで読みやすく、うつで苦しむ有名人の方も、この本を読んでうつをぬけたそうです。

30万部以上売れているベストセラー!

【おすすめ退職代行サービスNEXT】


「もう会社に行きたくない」「でも辞めるといったら、上司に怒られそうだ・・・」そんな悩みは【退職代行NEXT】が解決してくれます。退職届を会社に郵送するだけで、後はすべてお任せ。未払いの残業代の請求・未取得の有給処理・退職金の請求etc・・・以上のような交渉は、弁護士がいないとできません。その点NEXTなら、弁護士サポートもあるので安心です。

退職代行NEXT公式サイトはコチラ