書評

本が嫌いな人におすすめ!日本一読みやすい自己啓発本教えます!

ドラクエというタイトルに惹かれ【人生ドラクエ化マニュアル】を読んでみました。

ひとことで言うとかなり読みやすく、ドラクエを1度でもプレイしたことがあるなら、日本一面白い自己啓発本としてオススメします。

まさ
まさ
ドラクエ好きならクスッとする小ネタ満載!

 

  • ドラクエをプレイしたことがある
  • 読みやすい自己啓発の本を探している
  • 本を読むのが苦手

ドラクエをやったことがある人はもちろん、ページをめくるごとに自分がLVアップしているような感覚で進んでいくので、あまり本を読まない人にも手に取ってほしい一冊。

 

人生をドラクエに見立てて、ゲーム化する自分のやりたいことにチャレンジする

本の中では、何度も人生をゲーム化するというフレーズが出てきます。

 

それは人生には様々な障害があるけれど、それらをゲームでの戦闘に例えて何事にも前向きにチャレンジしていこう!ということです。

 

  • 口うるさい嫌な上司がいる
  • 自分のこれからの進路に悩んでいる
  • 失敗するのが怖い

ゲームとは違いリアル世界では、仕事や人間関係など悩みがつきません。

しかし、この本を読むことによって、リアルの悩みをゲームの思考に切り替えることができます。

本記事では、その中でも特に仕事に役立ちそうなものをまとめてみました。

 

 

人生ドラクエ化マニュアルの概要

著者 JUNZO
出身地 福岡県
初版 2015年4月30日
出版社 ワニブックス

小さい頃からゲーム好きだった著者。

大学4年のときにゲーム会社4社に面接に行き、エニックスに就職が決まる。

入社したての当時の上司に言われたことがキッカケで、新たな人生が回り始める。

 

「ゲームとは何か?」レポート提出してよ。

 

この一言で、ゲームとは何か?を考えた結果。

 

ゲームとは、ルールにもとずいた敵との楽しい戦闘。

 

さらにゲームの三大要素、目的ルールを入れれば、人生はゲーム化できることに気づいたのです。

 

これは他人がやるゲームをつくっている場合じゃない!

すぐに自分のやりたいことを実現しなければ!

速攻でエニックスを退職し、人生をゲーム化させていったのです。

 

1章・人生はドラクエ化できる

2章・人生のゲーム目的

3章・人生の敵

4章・人生のゲームルール

5章・仕事のゲーム化

6章・ゲームスタート

7章・ゲーム世界の創造主、宇宙との対話

本書は、全7章から構成されています。

 

トイストーリーや、アナと雪の女王など大ヒットを連発させた、ジョン・ラセター。

62歳のとき生活保護をしていた、ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースの逆転劇。

このように章と章の合間には、過去成功した有名人の話も挟んであり、ちょっとした教養も身につきます。

本記事では全7章の中から、特に仕事に応用できると思うものを2つ紹介します。

 

JUNZOさんの他に出版されている本

 

 

ドラクエのように自分の人生をゲーム化

本の中では、サッカーに例えられています。

ここでもゲーム三大要素の【目的・敵・ルール】が盛り込まれています

目的:相手より多く点をとる

敵:相手チーム

戦闘:試合

ドラクエでもスーパーマリオでも敵との戦闘が一番面白い。

ぶっちゃけ、ほぼどんなゲームも戦闘がメインといっても過言ではない。

サッカーでも一緒。

まさ
まさ
やっぱり試合が一番たのしいのだ

 

今度はこれらを仕事に落とし込むとどうなるのか?

 

口うるさい上司が嫌で仕方ないなら

職場に口うるさい上司がいる、毎日会うのが苦痛で仕方ない。

 

仕事でこんな悩みを抱えているなら、3章の人生の敵を読むことをオススメします。

読んだ後は、嫌な上司も違う視点で接することができるようになりますよ。

 

ちょっとだけ内容をネタバレすると、本書では口うるさい上司を敵に見立ててみようというわけです。

 

ドラクエの敵は、どこか愛着がありますよね?

そこでリアルでの嫌な人(もしくは人生の障害)も、敵に見立ててしまうのです。

 

ドラクエで敵に遭遇した場合、どんな敵なんだろう?どうやって倒せば良いんだ?

こんな風に考えながら戦闘を楽しんでたはずです。

 

同じように敵に見立ててしまえば、嫌な人と対峙した場合でも攻略法をあれこれ考えられるという思考に、もっていけるというわけです。

 

どのようにドラクエの敵に見立てているかは、本を読んでからのお楽しみ。

まさ
まさ
ユーモアあふれる表現になってますよ~

 

敵がいなければ、ゲームなんて何の面白みもない。

確かにRPGで敵が一切出てこなければ、つまらないのは想像できます。

 

リアルでの嫌な人も一緒です。

ドラクエの敵に見立てれば、自分にとって悪役を買って出てくれる人が必要な存在なのだなと気づけるようになる。

というのが本書のねらいなのです。

まさ
まさ
ドラクエ好きなら、日本一面白い自己啓発書っていうのも、うなずけるでしょ?

 

 

負けても増える経験値

  • 新しいことにチャレンジするのが怖い
  • 失敗を恐れてしまう

こんな人には、4章の人生のゲームルールを読んでほしい。

 

人生をゲーム化した場合、敵との戦いに勝った時だけではなく、負けても途中で逃げても経験値がもらえる。

なぜなら敵との戦いに負けた場合、(このやり方では勝てない)と経験値がたまり、ちがう攻略法を考えるから。

そして、それを次の戦闘に活かせるようになるから。

まさ
まさ
何事にも臆することなくチャレンジすれば、ちょっとずつでも成長できるってわけ!

 

これを仕事で応用するならば、負けても経験値が入るのだから、失敗を恐れずにどんどん戦闘(チャレンジ)をくり返していけば良いということ。

 

戦闘(チャレンジ)をすればするほど、経験値がたまって、LVアップできる。

 

逆に敵との戦闘を恐れ、逃げてばかりで何もしなければLVは一向にあがらない。

ゲームとちがって人生ゲーム化では、負けても命までは取られるわけではない。

 

おわりに・人生をゲーム化するなんてふざけすぎでは?

ふざけていると思いますか?

意外と人間って、遊んでいるときの方が真剣だったりしませんか?

  • パチンコしているとき
  • 釣りしているとき
  • ジョギングしているとき
  • 編み物あんでいるとき
  • ゲームしているとき

ね!

みんな遊んでいるときの方が、真剣だったりするんですよね。

 

楽しいからこそ、仕事でも遊びでも何事にも真剣になれる!

まさ
まさ
だったら、どうせなら楽しんじゃえ!ってこと

 

人生ドラクエ化マニュアルを読み終えて感じたことは、遠く忘れていたそんな純粋な気持ちを思い出させてくれる。

そんな本でした。

 

 

【おすすめ退職代行サービスNEXT】


「もう会社に行きたくない」「でも辞めるといったら、上司に怒られそうだ・・・」そんな悩みは【退職代行NEXT】が解決してくれます。退職届を会社に郵送するだけで、後はすべてお任せ。未払いの残業代の請求・未取得の有給処理・退職金の請求etc・・・以上のような交渉は、弁護士がいないとできません。その点NEXTなら、弁護士サポートもあるので安心です。

退職代行NEXT公式サイトはコチラ