退職

仕事を辞めても無駄なスキルは1つも無い過去の自分をすてないで!

ぽち
ぽち
もう仕事に行きたくない・・・

 

  • この仕事は自分にむいてない
  • もうやりたくない
  • 仕事がきつくて自分の時間がもてない
  • 怒られてばかりで嫌になる

仕事に行きたくないと思ったら、誰しもこんな気持ちになっているはず。

 

それでも上司になかなか辞めるとは言えず、言ったところで止められるだけ。

ましてや、辞めたところで自分は一体どんな仕事をしたいんだろう?

それすらもわからない。

 

この先どうしたら良いんだ?

 

そんなに悩んでいるのなら、いっそのこと辞めてしまいましょう。

ただし、辞めるならたった1つの事を忘れないでください。

 

それは、過去の自分を捨てないこと

そうすれば、なぜ辞めたのか?辞めてどんな仕事に就きたかったのか?

無職になった時、見失わずにすむはずです。

 

 

本記事では、【本当はこの仕事は向いてない】

そう思いながらも、この仕事しかない!

と、自分にウソをついて働き続けている人に、辞めるふん切りがつくきっかけになれればと思っています。

 

 

定番の上司の脅し文句に騙されるな

本当は自分のことは、自分でよくわかっているのに。

この仕事は向いてないと。

 

それなのに上司に相談しても返ってくる言葉は、いつも一緒。

  • ここで辞めたら、どこいっても辞めるぞ
  • いまが踏ん張りどころだぞ!
  • 今辞めたらどこ行ったって長続きしないぞ!
  • 後悔するだけだ!

 

呪文のような言葉を真に受けて、【あー、今辞めたらダメなんだ!頑張らなくちゃ!】

 

こんな風に上司に洗脳されちゃうんですよね。

自分にはこの仕事、合ってないとわかっているのに。

 

 

世の中には仕事は沢山ある

じつは世の中には仕事は沢山あります。

自分のやれる仕事や、やりたい仕事が限られてるだけ。

 

それこそ本当に今の仕事が自分に合わないと思うのなら、ブラックが多いといわれる介護職や、底辺といわれる警備員だってやってみてもいいかもしれない。

 

飲食業や清掃業、事務職だってある。

 

これから必ず人手不足になると言われているプログラミングや、誰からも指図されずに在宅ワークで自分で稼ぐやり方なんかいくらでもあるのですから。

 

あとは、チャレンジするかしないかだけの話。

 

 

仕事を辞めた後忘れないでほしいたった2つのこと

そうはいっても自分のやりたい仕事、向いている仕事なんて簡単にはみつかりません。

わたしはブログというものに出会いましたが、結局それで食べていけることなんて夢のまた夢です。

そこで仕事を辞めるときに2つの事に注意してもらいたいのです。

 

それはプライドはすてろ・過去は捨てるな。

この2つです。

 

プライドはすてる

ブラックな会社を辞めた。

クソみたいな中小で将来性もへったくれもないから辞めた。

40代でリストラされた。

人によって、様々な辞めた理由があるでしょう。

 

ここでいうプライドをすてるとは、過去のプライドをすてるという事です。

過去のプライドは出会いを減らします。

そして過去の自分にとらわれてしまいます。

 

どんなにクソな会社で嫌で嫌で辞めたとしても、辞めた後一個人になってみるとわかりますが、社会からの信用なんて、そのクソ会社以下です。

どんなに小さな中小企業でも、その掲げている看板から比べたら、一個人なんてちっぽけなもんです。

ましてや、今まである程度の役職で、ちやほやされていたりなんかしたらその惨めさがいたいほどわかると思います。

 

プライドをすてるとは、こういったすてなければいけない過去とらわれてしまうということ。

  • みんなににちやほやされていた。
  • みんなが自分の言うことを聞いてくれていた。
  • それなりの大学をでている。
  • エリートコースを歩いていた。

辞めてもすぐには、満足のいく仕事に出会うことは難しいと思います。

あの仕事はプライドがゆるさない。

あんな仕事は底辺のやることだ。

こんな風に過去のプライドが邪魔をして、新しい事にチャレンジできるかもしれないという可能性を自らつぶしてしまうという結果に。

 

それが出会い「自分に向いているかも知れない仕事」を減らすという事です。

 

 

過去は捨てない

つまらないプライドは簡単にすててもいい。

しかし過去をすてたら、今までの自分を否定することになります。

今までの自分がやってきたこと、してきたこと、積み上げてきたものがすべて無駄だったと?

こう思ってしまったらいけません。

その後は、他人の評価しか気にしない人間になりますし、楽してもうけるとか、変なコンサルに引っかかるとか想像に難しくありませんので。

 

自分が持っているスキルをどう考えるか?これが大切。

 

社会的ニーズのないスキルは無価値?

そんなことはありません。

人間生きていれば、必ず何かを積み上げて生きてきています。何かできることはあるはずなのですから。

 

 

やばいコンサルにひっかかるな!

コンサル、転職エージェントに登録した。

けれど、紹介されるのは自分が希望をしているのとは全然ちがう会社ばかり・・・

なぜだろう?

 

コレ、よく耳にする悩みですよね。

 

実はコンサル、転職エージェントのほとんどは、応募者の事なんてあまり考えてない、ただ就職させたいだけ!

というのをご存じですか?

 

実はこれには理由があります。

コンサルや転職エージェントのお客様は、求職者ではなく、求人をだしている企業側なのです。

そして、求職者が転職サイトに登録しただけでは、コンサルや転職エージェントには、一銭もお金は入ってきません。

依頼された企業に就職させて初めて、企業からお金をもらえるのです。

 

転職エージェントに登録しているのに、希望している職種と全く違うところを紹介してくるのには、こういった理由があったのです。

しかも人気の無い、いつも人手不足のブラック企業ほどエージェントに支払う報酬は高いのです。

それくらい人が集まらないところに、就職させようとしてくるのです。

 

結論から言うと、求職者の転職の相談を聞こうなんて、これっぽっちも思っていません。

ただただ、就職させて企業からがっぽりお金をもらうことだけを考えているようなところばかりです。

 

ちなみに転職エージェントは儲かります。

都内では乱立しすぎていて、コンビニの数より多いのではないかといわれるくらいだそうです。

いまでは、求職者の取り合いになっていて、洗脳に走ってくるところもめずらしくありません。

 

では、どうやって洗脳してくるか?

簡単です。

求職者の過去を徹底的に否定してきます。

「あなたが、今まで頑張って積み上げてきたものなど無価値です。」

「あなたのスキルは今の世の中には必要とされていない、だからわたしの進める仕事で働いてみませんか?」

言葉巧みに、無能で無価値だと思わせ、洗脳しブラック企業へと就職させてくるのです。

 

 

おわりに

仕事が嫌なのに、辞められない。

次の就職先が決まってないから辞められない。

いろいろ事情はあるでしょうが、それでもどうしても辞めたい。

 

それならいっそ辞めてしまっても、働いてなんとか生きていくことはできます。

いままで積み上げてきたスキルは無駄には、なりません。

必ず役立つ就職先が見つかるはずです。

たった1つ、過去の自分はすてないということだけをつらぬけば。