ガジェット

安くて書きやすい万年筆ならパイロットのコクーンがオススメ

ぽち
ぽち
万年筆って書くのにコツが必要そうだし、気軽に使えなさそうだよね

 

まさ
まさ
たしかにライターさんとか、本書いてる人しか使わないような高級品って感じ。

 

こんな風に思ってましたが、万年筆を使ってみたら次の3つのような驚きが!

  • ほとんど力を入れずに書ける!
  • 軽い!
  • 気軽に使える!

万年筆に対するイメージが180度変りましたね。

 

↓今回はじめて購入した万年筆がこちら【コクーン】です

 

あまりにも書きやすくて、書くことが楽しくなりました(笑

 

まさ
まさ
もうボールペンには戻れないな

 

  • 仕事や学校でメモをとることが多い人
  • 書きやすいペンを探している人
  • 長く使える良い物を探している人

こんな人にこそ、万年筆をオススメします!

 

高そうなイメージですが、実は3000円以下のお手頃価格で購入できる万年筆は、たくさんあります。

そして、ボールペンとは段違いの滑らかな書きやすさや、思ったより気軽に使えることにびっくりされると思います!

 

十分実用的で、仕事や普段の生活のメモ書きにも最適!

 

本記事の内容は、わたしが購入したパイロットのコクーンの【どんなところが初心者向きか?】に、スポットをあてたものとなっております。

 

 

初めてでも気軽に使えるオススメの万年筆コクーン

Amazonでもビギナー向け万年筆として、圧倒的な人気を誇っている万年筆です。

510以上のレビューがついており、総合評価が☆4.5というとんでもない高評価。

確かに文具店でも、一番目立つところにおいてあったし、納得ですね!

 

万年筆コクーンを進める理由

買って良かったと思える理由を、5つご紹介していきます。

 

パイロット制である

セーラー万年筆・プラチナ万年筆・パイロットは、国内3大ブランドとして君臨しています。

その中でもパイロットは、低価格で高品質な製品が多いとして、幅広い年代から親しまれています。

そして、製品自体もかなり安定しており、個体差が少ないというのも魅力の1つ。

万年筆はペン先がかなり重要で、ちょっとでも先が開いてしまっていたら、書き味がかなり悪くなってしまいとてもじゃないが使い物にならないのです。

まさ
まさ
パイロットは製造されるほとんどの万年筆が、均一に製造されているって事!

 

個体差が非道い物は、特に海外メーカーに多くみられます。

高級で魅力的な製品も多いのは確かだけど、日本製の繊細な品質にはかなわないようです。

 

デザインがいい

※色はシルバーを選びました。

まず、とにかくシンプルで飽きのこないデザイン。

2013年のグッドデザイン賞にも輝いた、近未来的な印象の外見。

万年筆っていうと、おじさんのイメージだけど、これなら若い人でも学校で十分つかえます。

 

 

値段も手頃

万年筆というとお高いイメージで、実際高い物もたくさんあります。

しかしこのコクーンは、文具店で3000円ほどで購入できます。

アマゾンだともっと安く売ってましたので、買うならネットの方がいいと思います。

 

ここでパイロット製品の特徴の1つである、製品の安定性が活きてきます。

ネットで買って不良品が送られてきたら嫌ですよね?

いくら返品できるといっても、面倒だし気分もあまり良くありません。

でも、ほとんどの製品に信頼がおけるパイロット製なら、そんな心配もしなくて済むというものですからね!

 

 

書きやすい

もうコレは実際に使ってみて下さい!

としか、いいようがありません。

本当に力を入れなくてもスラスラ書けます。

さらに力を入れないから、2、3ページ書いても疲れないんですよね。

 

ちなみにコクーンは、細字と中字の2種類が選択できます。

わたしが購入したのは、細字のほうです。

左がマッキーの極細で書いたもの。

右がコクーンの細字で書いたものです。

中字でマッキーの極細くらいだと思いますが、実際に購入する前に、文具店で試し書きをされてみてください。

※ペン先に細字なら【F】 中字なら【M】と表記されていますので購入時は注意が必要です。

 

まさ
まさ
書きやすさは保証します!ほんと驚きますから!

 

 

カラーバリエーションが豊富

全部で8種類のカラーバリエーションがあります。

ブラック・オレンジ・シルバー・ホワイト・ブルー・ボルドー・チタン・メタリックグレーの8色です。

 

万年筆を使ってみての注意点

頻繁に使ってないとインクが固まってしまって、書けなくなってしまう恐れあり。

コップに水を張って一晩つけておけば、書けるようになるとのことらしいが、なるべく固まらないように書くことを意識しておきたいところ。

もしも固まってしまったら、対処法が説明されているサイトがたくさんあるので、検索すればすぐでてくると思います。

使い終わったら、キャップもしておかないと固まってしまう原因に。

 

ボールペンのかわりなら、ペン先は細字がオススメ。

 

仕事ならキャップ式よりも、ノック式のものもいくつか売っているので、そちらを検討してもいいかも。

ぽち
ぽち
キャップ取り外すのって、意外と面倒だったりするからね

 

また、インクの種類はカートリッジ式がオススメ。

  • 吸入式=ボトルインクを使用してインクを吸い上げるタイプ。メリットは1度にたくさんのインクを入れられる事。デメリットは、ボトルインクをこぼしたら大変なことに・・・
  • カートリッジ式=インクがカートリッジ式なっていて、ペンの中に押し込むタイプ。インクがなくなっても簡単に交換できる。わかりやすく言えば、ボールペンのインクと同じような感じ。
  • コンバータ式=吸入式とカートリッジ式のどちらの機能も兼ね備えている、ハイブリット方式!ただし吸入式よりはインクの吸い上げ量が少ない物が多い。

 

カートリッジ式は交換が簡単!

↑インクはこんな感じ

↑万年筆の中心より下、黒いところがネジになっているのでまわします。

↑あとはインクを刺すだけ。

これ一本でA4のノート10枚くらいびっしり書いても余るくらい。

それが、ひと箱12本入りが文具店で400円くらいで売ってます。

 

↓コクーンでも使える黒のカートリッジインク。万年筆と一緒に買っておきたい!

まさ
まさ
ネットの方が、文具店より安い!

 

↓コクーン用のコンバータ式のもの。便利だけど容量が少ないのが欠点。

 

 

おわりに

今も昔も学校の勉強は書いて覚える、と言われ続けています。

コレにはきちんとした理由があって、手書きでメモをとることと、PCでメモをとることでは記憶力に差が出るというのです。

結果は、手書きの方が断然覚えられるというもの、さらに科学的にも証明されています。

パソコンで入力すると手で書くより、速いし手が疲れないですよね?

でも、記憶力がより高まるのは手書きの方。

どうせなら、万年筆のように良い道具を使って書いた方が、効率もあがるというもの。

なので今回、万年筆を買ったというわけです!

 

みなさまも是非お試しあれ!

【おすすめ退職代行サービスNEXT】


「もう会社に行きたくない」「でも辞めるといったら、上司に怒られそうだ・・・」そんな悩みは【退職代行NEXT】が解決してくれます。退職届を会社に郵送するだけで、後はすべてお任せ。未払いの残業代の請求・未取得の有給処理・退職金の請求etc・・・以上のような交渉は、弁護士がいないとできません。その点NEXTなら、弁護士サポートもあるので安心です。

退職代行NEXT公式サイトはコチラ