仕事

働いて10日目の初心者がアイス屋さんの仕事は何が大変かを教えます

つぎの配属先がアイス部門に決まり、馬車馬のごとく働いている、まさです。

ベーカリー経験者ということで(アイスと全く関係ないやん!)全くの未経験ですが、いきなり抜擢され、ただいま絶賛研修中!

 

アイスの研修を始めて、今日で10日目。

はじめてやる部門だし、ブログのネタにはもってこいかなと思いまして。

まさ
まさ
さっそく記事にしてみました!

 

ちなみに、わたしの職場はジェラート店!

ジェラートとはイタリア語で、アイスやシャーベットの総称です。

 

初心者ながらにこれは注意した方がいいな、と思うことや大変だなと感じたことを、まとめてみました。

要点は次の3つ

  1. アルコールをしつこいくらいにする
  2. ジェラート(アイス)の盛り付けはかなり難しい
  3. せまいお店に2人きりで仕事することが多い

 

アイスという初めての職種にチャレンジして、ちょっと戸惑ったことが上記の3つでした。

 

この3つは、働きはじめて間もないわたしが感じたことです。

なので、これからアイス屋さんで働いてみたい!という同じ初心者の人の参考になるかなと。

 

本記事を読めば、アイス屋さんで働くということの大変さがわかります。

また、アイス屋さんならではの良いことも書いておりますので、アルバイトをするかどうかの判断にしてみてください!

 

 

アイス屋さんは筋力が必要だし繊細さも求められる

全国チェーンの31(サーティーワン)をはじめ、アイスショップにいくと店員さんは、簡単にアイスを盛り付けていますよね。

 

なんだか自分にもできそう!って思ってましたが、どうしてどうして、かなり難しいです。

 

あんなの簡単だろうと思って、実際にやってみたら難しいし、キツいしすぐ辞めちゃった。

なんて事にならないためにも、本記事を読んでみてくださいね。

 



アイス屋さんでアルバイト探しなら【マッハバイト】が、おすすめ!

全国20万件近くの求人情報!必ずもらえるお祝い金が嬉しい!

マッハバイト公式サイトでアルバイト先をさがそう!

 

アイス屋さんはアルコール消毒無しでは語れない

まず、アルコール消毒です。

普通トイレとかに置いてあるのをよく見かけますが、アイス屋さんの店内はあらゆる所にアルコールが置いてあります。

 

アイスの台脇・手洗い場・レジ脇・ロッカールーム・製造室入り口・製造台の上・冷蔵庫脇など、ホント店内中です。

 

アイスって加熱(正しくはつくる前に加熱殺菌はしている)しないし、食中毒の危険が高いから仕方ないんですけど、あらゆる飲食業のなかでも群をぬいていると思います。

 

ちょっと顔に触れただけでも、手にアルコール。

冷蔵庫の取っ手触るとアルコール。

お金触ったらアルコール。

 

こんな感じで、慣れるまではちょっと面倒と思うくらいです。

手がカサカサになりますしね(笑

 

まさ
まさ
1日300mlくらい使ってるんじゃないかな?

 

アイス屋さんでは、衛生面に十分注意できる人が求められます

 

 

アイス屋さんは男の仕事だと思う

男の仕事=力を使う

 

朝一のアイスは固い

朝、冷凍庫からだしたアイスは、カチンコチンに固まってます。

ジェラートはスパチェラっていう、小さなスコップみたいなもので、アイスをすくうのですが・・・

まさ
まさ
これが固いのなんのって

 

盛り付けるとき、ある程度の柔らかさがないと、きれいにアイスをのせられないんですよね。

ジェラートの盛り付けジェラートの盛り付け

 

まさ
まさ
↑の絵のように盛り付けます

 

柔らかくないと、ボソッとした見た目だしボリュームもなく見えますからね。

すこし粘度をだすために、スパチェラで固いアイスをこねくり回すので、手首が痛くなります。

女の人はアイス屋さんで働いたら、腕の筋肉もりもりになってるでしょうね。

 

まさ
まさ
朝から売れたら、腕の筋肉パキパキしますよ~

 

この「アイスが固くて大変」という悩みは、丸く盛り付けるアイス(ディッシャー)をつかうところでも一緒のはずです。

以上のようなことから、なんだか男の仕事って感じがしたんですよね。

店頭で盛り付けてもらうのは、圧倒的に女性のがうれしいんですけども(笑

 

 

柔らかいと盛り付けが難しくなる

逆に混んで来たときは、アイスケースの開閉が多いんで、アイスが溶けやすくなるんです。

そうすると盛り付けたとき、デロッとして、たれてきちゃいます。

 

そのためコーンの盛り付けは、柔らかいときはけっこう難しいです。

お客様の目の前で盛り付けるので、アイスがたれそうになったら相当焦ります!

 

なのでそういう時は、カップの提供でお願いしてますね。

まさ
まさ
うぅ・・・お客様もうしわけない

 

とくにダブルで盛り付けるときは、両方同じ分量がのぞましいのですが、柔らかいとどっちかが多くなって、どっちかが少なくなります。

これも初心者あるあるですね。

 

ポイント

砂糖が多い=柔らかいアイスになる・つやもきれい・舌触りなめらか

砂糖が少ない=固いアイスになる・つやが少ない・氷の粒が大きくのこる感じ

※砂糖の量によってもアイスの固さは変わります。

 

実際に働いてみるとわかりますが、アイスの種類によって溶けるスピードも違いますから、まずは自分の働くお店のアイスの特徴をつかむことが先決です。

 

 

アイス屋さんは少ない人数でお店を運営できる

少ない人数でお店を運営できるのは良いことなのですが、裏を返せば狭い店舗に2人きりで、長時間一緒にいなくてはならないということ。

気が合う人ならいいのですが、厳しい店長と2人きりだったら・・・

 

仕事ができるようになれば、ある程度いいのかもしれませんが、できないうちはあれこれ言われて、嫌になるかもしれません。

 



アイス屋さんでアルバイト探しなら【マッハバイト】が、おすすめ!

全国20万件近くの求人情報!必ずもらえるお祝い金が嬉しい!

マッハバイト公式サイトでアルバイト先をさがそう!

 

アイス屋さんで働いてて良かったこと

良いことかどうかは人それぞれですが、アイス屋さんならではというのを2つ。

  • できたてのアイスが食べられる
  • お客様がみんな優しい

 

できたてのアイス。

それはもう絹のようななめらかさです。

てゅるん!っていう表現がピッタリかもしれません。

 

てゅるん!と舌で溶けて、ふわ~っと口の中で広がる美味しさは、作りたてのアイスでしか味わえません。

 

 

また、アイス屋さんに来られるお客様は、みなさん優しい印象を受けます。

アイスってやっぱりデザートですから、お腹が空いてるから食べるわけでもないですし、急いで買って慌ただしく食べるものでもありません。

 

休日などの、ゆったりとした時間の中で来てくれる人がほとんどですから、和やかモードでお店を運営することができますね。

 

 

おわりに

アイス屋さんで働こうと考えている人へ

 

朝一のアイスは固くて、腕の筋肉がバキバキになるくらいだ!

まさ
まさ
手首も痛くなるし、繁盛店なら腱鞘炎になるくらいかも

 

アルコール消毒は、神経質になるくらいやらなくてはならない!

まさ
まさ
衛生面はあらゆる飲食業の中でも、トップクラスに気を使います

 

狭い店内で2人きりで長時間働くことは普通

まさ
まさ
早く仕事に慣れるしかない!

 

この3つが初心者のわたしが感じた、アイス屋さんの仕事の注意点です。

働こうと考えている方は、参考にしてみて下さい!

 

【関連記事】

アイス屋さんの前は温泉部門で働いてました

パン屋さんで働いてみたいと考えている人へ伝えたいこと

 

【アイス屋さんで働こうと考えている人へ!おすすめサイト3選!】
マッハバイト
おすすめアルバイトNO1のマッハバイト!
最大の特徴はアルバイトが決まれば、お祝い金が1万円もらえるというもの。最低でも5000円からの支給があります!
検索機能も使いやすく、地域名や路線、駅名などから可能。
おすすめ度
会社名 株式会社リブセンス
主な求人地区 全国区
求人数 21万件以上!

マッハバイト公式サイトはコチラ

ペコリッチ
いきなり知らないお店でアルバイトするのは怖い。そんな人におすすめのペコリッチ!
その特徴はなんといっても、お店の下見がてらにタダでご飯が食べれるというもの!
これならブラックバイトに当たる確率も減りますよね!?
おすすめ度
会社名 株式会社ジョイントラボ
主な求人地区 都内中心
求人数 3000件~(都内中心なので少なめ)

ペコリッチ公式サイトはコチラ

ショットワークス
1日から探せる、超短期バイトを探しているならここ!週末だけとか、メインバイトの空き時間にサクッと働けます。単発バイト中心なので面接がほとんどないのも嬉しいところ。
おすすめ度
会社名 インディバル
主な求人地区 全国区
登録者 200万人以上

ショットワークス公式サイトはコチラ

【おすすめ退職代行サービスNEXT】


「もう会社に行きたくない」「でも辞めるといったら、上司に怒られそうだ・・・」そんな悩みは【退職代行NEXT】が解決してくれます。退職届を会社に郵送するだけで、後はすべてお任せ。未払いの残業代の請求・未取得の有給処理・退職金の請求etc・・・以上のような交渉は、弁護士がいないとできません。その点NEXTなら、弁護士サポートもあるので安心です。

退職代行NEXT公式サイトはコチラ